光脱毛の注意点

光脱毛はいくら安全性が高く痛みが弱いといっても、全くリスクがないというわけではありません。

 

レーザー脱毛と一緒で、メラニン色素に反応するタイプの光を使っているので、日焼けをしている人や色黒の人は施術を受けられないことがある点は共通しています。

 

また、それと同じ理由で、色の薄い毛(白髪や産毛)には効果が出にくいそうです。

 

勿論これに対応するために、色素の薄い毛にも効果がある脱毛機を用意しているサロンもありますが、その脱毛機では濃い毛に効果が薄いため、目的によって的確に場所や機械を選ぶ必要があるということになりますね。

 

日焼けでなくとも、色素沈着を起こしている部位に対しては火傷のリスクが高まるでしょう。

 

また、威力そのものが弱いために永久脱毛の効果は望めません。価格がそれほど高くないため、続けて何度か通ってコース完了したあとに、数年経ってまた毛が生えてきたときにその都度通いなおしているという方もいます。

 

最初の数回の時点で脱毛がしっかり終わらないのは、機械の威力と毛周期によるところが大きいでしょう。

 

火傷というと水ぶくれや痛みなどを想像しますが、熱式脱毛である以上、どうしても施術後にその部位が少し赤みを帯びたり熱を持ったりするということは避けられないので、セルフケアとしてしばらくはクールダウンや保湿を心がけたりしなくてはいけません。

 

永久脱毛の手段としてはオススメ出来ませんが、以上のことに注意すれば、少しムダ毛の量を減らせればいいという程度の方にはちょうどよい脱毛方法になると思います。